Design Innovation“デザイン”が企業を変える!!

デザイナー芦谷正人と同志社大学研究員中村尊裕が企業における「デザイン・イノベーション」を徹底取材!!

紙袋メーカーの中国事情

Posted on | 6月 11, 2012 | No Comments

こんにちはドライブの芦谷です。

先日、中国の上海と厦門の紙袋工場を視察してきました。

ドライブが直接運営している
紙袋印刷、販売サイト「ベリービー」で
お取引させていただいている厦門のメーカー商社の方に
アテンド頂いた視察旅行でした。

ショップ袋 紙袋

ショップ袋 紙袋

今回、視察した工場は
中国でも特に品質の高い紙袋を作る工場ばかりでした。

僕が何よりも驚いたのは
それらの工場が一度に受注するショップ袋の
量の多さです。

例えば、ある厦門の工場なんかは
ヨーロッパからの新規受注の紙袋数が150万枚とか!!

中国では紙袋の原紙は平たい紙ではなく、
ロール状にされた紙から紙袋を作ります。

その1本からできる紙袋の量はおおよそ3万枚から5万枚ぐらいです。

この原紙のロールが
体育館のような大きなスペースいっぱいに並べられていました。

そして、もうひとつ、日本の紙袋メーカーと中国メーカーの大きな違いは、
日本の工場では見ることのないような世界的ハイブランドの紙袋を
中国の工場では生産していることです。

僕はこれら中国工場のショールームを見させていただきましたが、
とっても立派なショールームに所狭しと、
世界的ブランドのロゴマークの入った紙袋が
ずらりと並べられているのです。
ショップ袋 紙袋

また、品質においても
日本は人件費が高いことから、
ほとんどの場合、オートメーションで紙袋を生産します。

しかし、中国ではまだまだ、人間の手で紙袋を生産印刷するので、
かなり、凝った作りの物でも制作が可能です。

何より、日本の紙袋工場が
高齢化した斜陽産業となってきているのと比べ、
中国では平均年齢30歳前後の成長産業であると言う違いも、
大きいかも知れません。

だからといって、
僕は一概に中国生産を奨励するわけではありません。

しかし、相手を知ることで、
自分達日本人が何をしなければいけないのかを
よく考えるヒントになるんじゃないかと
考えています。


感性型社会の到来!!カモ井加工紙株式会社。

Posted on | 9月 18, 2010 | No Comments

今週の月曜日、
岡山倉敷市に本社がある「カモ井加工紙株式会社」さんに
同志社大学に提出する論文のインタビューさせていただきました。

カモ井本社.jpg Read more

株式会社アウラ、野々村社長にインタビュー。

Posted on | 9月 7, 2010 | No Comments

先週、土曜日、京都烏丸に本社を持つ、
株式会社アウラの野々村社長を僕と同志社大学の中村さんと
カメラマンとして越智君でインタビューさせていただきました。

Read more

「いいちこ」三和酒類を取材してきました。

Posted on | 8月 27, 2010 | No Comments

この25日、大分の宇佐市の
「いいちこ」で有名な三和酒類、赤松会長に
インタビューをさせていただきました。

インタビューの目的は、同志社大学中村さんとの
共同研究として「デザインイノベーション」を調査するためです。 Read more

社会を変えるデザインとは!?

Posted on | 8月 21, 2010 | No Comments


今年の1月、同志社大学を訪れました。
目的は同志社大学研究員の中村さんからインタビューのためです。

中村さんは同志社大学在学時代にラグビー部に所属し、
プロップを経験していただけあって、山のような体格です。

その中村さんとの対談の中で、「デザイン・イノベーション」について
熱く語り合いました。 Read more

keep looking »

About

「いいちこ」で有名な三和酒類株式会社をはじめ、日本での「コミュニティ・デザイン」成功事例を実際のインタビュー調査により研究し、これから日本の面白い社会つくりに生かすことを目的としているのがこのプロジェクトです。

Subscribe to our feed

Search

Link