モチベーション3.0

モチベーション3.0

  • 1月、2週のオススメ本
  • (ダニエル・ピンク著 大前研一訳/講談社 )
  • 定価1800円+税
人が働く動機には報酬が全てではない。
人の脳には何かを解決することに快感を覚える回路がある。
成果主義だけではこれからの社会は崩壊する。

ダニエル・ピンクが新たな「やる気」の方法論を
提唱する本です。
ゴア副大統領の首席スピーチライターであった筆者が
1950年代に二人の科学者が発見した、
人間の動機付けの本質に現代的な解釈を加えて
停滞社会を打破する新発想を提案しています。

人がモチベーションを持つためには
内的動機付けが必要ですが多くの企業がこの動機付けに目を向けず、
サラリーや罰則などの外的動機付けで人を動かそうとしてきました。
しかし、現代人は外的動機付けでは動くのではなく、
自身が発見した「内的動機」でしか動かないのです。

新たな働き方を発見できる本です。

自己啓発度
★★★
お役立ち度
★★★★
読みやすさ度
★★★★
おもしろ度
★★★★

コメントをどうぞ